Content Manager

Apply Now

San Francisco, CA, USA

Job Type

Full Time

About the Role

血圧測定

血圧は、心臓が体に血液を送り込むときに動脈壁にかかる力の測定値です。
血圧は自宅で測定できます。また医療機関で確認することもできます。

実際の測定方法(用手的測定法)
背中を支えて椅子に座ります。
足を交差させず、足を床に置く必要があります。
上腕が心臓の高さになるように腕を支える必要があります。
腕がむき出しになるように袖をまくり上げます。袖が束になって腕を圧迫していないことを確認してください。無理な場合は、腕を袖から外すか、シャツを脱ぎます。
自分で、または医療提供者などが手伝って、血圧計のマンシェットを上腕にぴったりと巻き付けます。マンシェットの下端は、肘の曲がりから2.5 cm上方にある必要があります。
スクイーズバルブをポンピングするか、デバイスのボタンを押すことによって、マンシェットはすぐに膨らみます。すると腕の周りにきつさを感じるでしょう。
次に、カフのバルブを少し開き、圧力をゆっくりと下げます。
圧力が下がると、血液の脈動音が最初に聞こえたときの読み取り値が記録されます。これが収縮期血圧です。
空気が抜け続けると音が消えます。音が止まるポイントを記録します。これが拡張期圧です。
マンシェットの加圧が遅すぎたり、十分に加圧しなかったりすると、誤った読み取りが発生する可能性があります。バルブを緩めすぎると、血圧を測定できなくなります。
血圧測定は、以上の方法で2回以上行います。


血圧を測定する前にするべきこと
血圧を測定する前に、少なくとも5分間は休憩します。できれば10分間休憩することをお勧めします。
ストレスを感じているとき、カフェイン摂取や喫煙してから30分以内のとき、または運動直後は、血圧を測定しないでください。

座ったまま2〜3回測定します。各々1分間隔で測定します。自分で血圧をチェックするときは、測定した時間を記録してください。主治医は一日のある特定の時間に血圧測定することを提案することがあります。
1週間、朝と夜に血圧を測定することをお勧めします。
これにより少なくとも14の測定値が得られ、あなたの主治医が高血圧の治療方針を決めるのに役立ちます。


測定の際にはどのようになりますか?
血圧計のカフが最大限まで膨らむと、わずかながら不快に感じるでしょう。


血圧測定する理由は?
高血圧自体には症状がないので、血圧が高いのかどうかわからない場合があります。高血圧は、定期健康診断などの別の理由でかかりつけ医を受診した際などによく見つかります。

高血圧を見つけて早期に治療することで、心臓病、脳卒中、眼疾患、慢性腎臓病の予防に役立ちます。18歳以上のすべての成人は、定期的に血圧をチェックする必要があります。
・40歳以上の成人は年に1回
・太りすぎや肥満の人、アフリカ系アメリカ人、高値血圧130〜139 / 85〜89 mm Hgの人など、高血圧のリスクが高い人は年に1回
・他の危険因子を持たない血圧が130 / 85mm Hg未満の18〜39歳の成人の場合は3〜5年ごと

主治医はあなたの血圧の程度と他の健康状態に基づき、もっと頻繁に血圧測定することを勧めることがあります。


正常の結果
血圧測定値は通常2つの数値として与えられます。たとえば主治医から、血圧が120の80(120/80 mm Hgと表記)であると言われる場合があります。高血圧では、これらの数値の一方または両方が高すぎる可能性があります。

正常血圧とは、ほとんどの場合、上限値(収縮期血圧)が120未満であり、下限値(拡張期血圧)が80未満である場合です(120/80 mm Hgと表記)。


異常値が意味するのは?
例えば血圧が120 / 80〜130 / 80 mm Hgの場合、血圧は上昇しています。

主治医はあなたの血圧を正常な範囲に下げるために生活習慣の改善を勧めます。
この段階で薬が使われることは通常ありません。
血圧が130/80より高く140 / 90mm Hgより低い場合、『高値血圧』になります。最善の治療法を考えるとき、あなた自身、そして医療提供者は以下を考慮する必要があります。

・他に病気や危険因子がない場合、主治医が生活習慣の改善を推奨し、数か月後に再度血圧測定します。
・血圧が130/80を超えていても140/90 mm Hg未満である場合、主治医は降圧薬を推奨する場合があります。
・他の病気や危険因子がある場合、主治医は生活習慣の是正と同時に降圧薬を開始する可能性が高いと思われます。
血圧が140 / 90mm Hgを超える場合は、『 Ⅰ 度高血圧』です。主治医はおおよそ降圧薬を開始するとともに生活習慣の改善を勧めるでしょう。

ほとんどの場合、高血圧は症状を引き起こしません。


確認していただきたいこと
血圧が1日のさまざまな時間で変化するのは正常なことです。

・仕事をしているときは、血圧上昇しやすい
・家庭では少し低下します
・通常、眠っているときが血圧は最も低くなります
・普通は、目覚めたときに突如血圧が上昇します。高血圧の人では、心臓発作や脳卒中のリスクが最も高くなるのはこのときです。

正確な血圧を知るには、家庭血圧の方が診察室血圧よりも適しているかもしれません。

・あなたの家の血圧計が正確であることを確認してください。
・家庭での測定値を診察室での測定値と比較するように医療提供者に相談してみてください。

多くの人が診察室では緊張してしまうため、自宅よりも測定値が高くなります。これは白衣高血圧と呼ばれます。家庭血圧の測定は、白衣高血圧の発見に役立ちます。

Requirements

  • This is placeholder text. To change this content, double-click on the element and click Change Content. To manage all your collections, click on the Content Manager button in the Add panel on the left.

  • This is placeholder text. To change this content, double-click on the element and click Change Content. To manage all your collections, click on the Content Manager button in the Add panel on the left.

  • This is placeholder text. To change this content, double-click on the element and click Change Content. To manage all your collections, click on the Content Manager button in the Add panel on the left.

  • This is placeholder text. To change this content, double-click on the element and click Change Content. To manage all your collections, click on the Content Manager button in the Add panel on the left.

About the Company

血圧測定

血圧は、心臓が体に血液を送り込むときに動脈壁にかかる力の測定値です。
血圧は自宅で測定できます。また医療機関で確認することもできます。

実際の測定方法(用手的測定法)
背中を支えて椅子に座ります。
足を交差させず、足を床に置く必要があります。
上腕が心臓の高さになるように腕を支える必要があります。
腕がむき出しになるように袖をまくり上げます。袖が束になって腕を圧迫していないことを確認してください。無理な場合は、腕を袖から外すか、シャツを脱ぎます。
自分で、または医療提供者などが手伝って、血圧計のマンシェットを上腕にぴったりと巻き付けます。マンシェットの下端は、肘の曲がりから2.5 cm上方にある必要があります。
スクイーズバルブをポンピングするか、デバイスのボタンを押すことによって、マンシェットはすぐに膨らみます。すると腕の周りにきつさを感じるでしょう。
次に、カフのバルブを少し開き、圧力をゆっくりと下げます。
圧力が下がると、血液の脈動音が最初に聞こえたときの読み取り値が記録されます。これが収縮期血圧です。
空気が抜け続けると音が消えます。音が止まるポイントを記録します。これが拡張期圧です。
マンシェットの加圧が遅すぎたり、十分に加圧しなかったりすると、誤った読み取りが発生する可能性があります。バルブを緩めすぎると、血圧を測定できなくなります。
血圧測定は、以上の方法で2回以上行います。


血圧を測定する前にするべきこと
血圧を測定する前に、少なくとも5分間は休憩します。できれば10分間休憩することをお勧めします。
ストレスを感じているとき、カフェイン摂取や喫煙してから30分以内のとき、または運動直後は、血圧を測定しないでください。

座ったまま2〜3回測定します。各々1分間隔で測定します。自分で血圧をチェックするときは、測定した時間を記録してください。主治医は一日のある特定の時間に血圧測定することを提案することがあります。
1週間、朝と夜に血圧を測定することをお勧めします。
これにより少なくとも14の測定値が得られ、あなたの主治医が高血圧の治療方針を決めるのに役立ちます。


測定の際にはどのようになりますか?
血圧計のカフが最大限まで膨らむと、わずかながら不快に感じるでしょう。


血圧測定する理由は?
高血圧自体には症状がないので、血圧が高いのかどうかわからない場合があります。高血圧は、定期健康診断などの別の理由でかかりつけ医を受診した際などによく見つかります。

高血圧を見つけて早期に治療することで、心臓病、脳卒中、眼疾患、慢性腎臓病の予防に役立ちます。18歳以上のすべての成人は、定期的に血圧をチェックする必要があります。
・40歳以上の成人は年に1回
・太りすぎや肥満の人、アフリカ系アメリカ人、高値血圧130〜139 / 85〜89 mm Hgの人など、高血圧のリスクが高い人は年に1回
・他の危険因子を持たない血圧が130 / 85mm Hg未満の18〜39歳の成人の場合は3〜5年ごと

主治医はあなたの血圧の程度と他の健康状態に基づき、もっと頻繁に血圧測定することを勧めることがあります。


正常の結果
血圧測定値は通常2つの数値として与えられます。たとえば主治医から、血圧が120の80(120/80 mm Hgと表記)であると言われる場合があります。高血圧では、これらの数値の一方または両方が高すぎる可能性があります。

正常血圧とは、ほとんどの場合、上限値(収縮期血圧)が120未満であり、下限値(拡張期血圧)が80未満である場合です(120/80 mm Hgと表記)。


異常値が意味するのは?
例えば血圧が120 / 80〜130 / 80 mm Hgの場合、血圧は上昇しています。

主治医はあなたの血圧を正常な範囲に下げるために生活習慣の改善を勧めます。
この段階で薬が使われることは通常ありません。
血圧が130/80より高く140 / 90mm Hgより低い場合、『高値血圧』になります。最善の治療法を考えるとき、あなた自身、そして医療提供者は以下を考慮する必要があります。

・他に病気や危険因子がない場合、主治医が生活習慣の改善を推奨し、数か月後に再度血圧測定します。
・血圧が130/80を超えていても140/90 mm Hg未満である場合、主治医は降圧薬を推奨する場合があります。
・他の病気や危険因子がある場合、主治医は生活習慣の是正と同時に降圧薬を開始する可能性が高いと思われます。
血圧が140 / 90mm Hgを超える場合は、『 Ⅰ 度高血圧』です。主治医はおおよそ降圧薬を開始するとともに生活習慣の改善を勧めるでしょう。

ほとんどの場合、高血圧は症状を引き起こしません。


確認していただきたいこと
血圧が1日のさまざまな時間で変化するのは正常なことです。

・仕事をしているときは、血圧上昇しやすい
・家庭では少し低下します
・通常、眠っているときが血圧は最も低くなります
・普通は、目覚めたときに突如血圧が上昇します。高血圧の人では、心臓発作や脳卒中のリスクが最も高くなるのはこのときです。

正確な血圧を知るには、家庭血圧の方が診察室血圧よりも適しているかもしれません。

・あなたの家の血圧計が正確であることを確認してください。
・家庭での測定値を診察室での測定値と比較するように医療提供者に相談してみてください。

多くの人が診察室では緊張してしまうため、自宅よりも測定値が高くなります。これは白衣高血圧と呼ばれます。家庭血圧の測定は、白衣高血圧の発見に役立ちます。

Apply Now