診療のご案内
禁煙するにはどうするか?/How to quit smoking?
 
喫煙の健康への影響は何ですか?

喫煙が健康に悪いことは疑う余地がありません。喫煙は体のほぼすべての臓器に害を及ぼしますが、予期しないものもあります。米国では、喫煙により5人に1人が死亡しています。

また、次のような多くの癌や健康上の問題を引き起こす可能性があります。

・肺癌および口腔癌などの癌


・COPD(慢性閉塞性肺疾患)のような肺疾患


・高血圧の原因となる血管の損傷や血管の肥厚


・血栓と脳卒中


・白内障や黄斑変性症(AMD)などの視力の問題

妊娠中に喫煙する女性は、ある種の妊娠にかかわる問題を多く抱えることになります。その赤ちゃんもまた、乳幼児突然死症候群(SIDS)で死亡するリスクが高くなっています。

喫煙はまた、タバコに含まれる覚醒剤であるニコチンへの依存症を引き起こします。そしてニコチン中毒は、喫煙をやめることをはるかに難しくします。

 
受動喫煙の健康上のリスクは何ですか?

喫煙者の煙は、その周囲の人にも悪い影響を与えます。周囲の人は喫煙者の煙を直接吸い込み、喫煙者と同様の多くの問題をかかえる可能性があります。これには、心臓病や肺がんなどがあります。

受動喫煙にさらされた子供は、耳の感染症、風邪、肺炎、気管支炎、およびより重度の喘息のリスクが高くなります。妊娠中に煙を吸った母親は、早産や低出生体重児を産む可能性が高くなります。

 
他の形態のタバコも危険ですか?

紙巻たばこの他にも、「タバコ」にはいくつかの形態があります。葉巻や水パイプ(水ギセル)でタバコを吸う人もいます。これらの形態のタバコにも、有害な化学物質とニコチンが含まれています。一部の葉巻には、紙巻たばこのパック全体と同じ量の煙草が含まれているものがあります。

電子タバコはしばしばタバコのように見えますが、動作が異なります。電子タバコは、電池式の喫煙器具であり、電子タバコを使用することは「ベイピング」と呼ばれます。中には、電子タバコはタバコよりも安全であり、禁煙の助けに使用できると考えている人がいます。つまり電子タバコを使用することの健康上のリスクについてはあまり知られていない現状ですが、電子タバコにも紙巻タバコと同じ中毒性物質であるニコチンが含まれています。電子タバコを使用することで周囲の非喫煙者は(むしろ受動喫煙よりも)間接エアロゾルに暴露されることになり、これにも有害な化学物質が含まれています。電子タバコの液体は、誰かが飲んだり、嗅いだり、触れたりすると、ニコチン中毒を引き起こす可能性があります。

image.png

噛みタバコや嗅ぎタバコなどの無煙タバコも健康に悪いです。無煙たばこは、口腔がんを含む特定のがんを引き起こす可能性があります。また、心臓病、歯周病、口腔病変を発症するリスクも高まります。

 
なぜ禁煙すべきなのでしょうか?

タバコを安全に吸うことができる条件はないことを忘れないでください。生涯にわたって1日1本のタバコを吸うだけでも、喫煙関連の癌や早死を引き起こす可能性があります。

 

禁煙は健康問題のリスクを減らすことができます。早く禁煙するほど、そのメリットは大きくなります。
禁煙のいくつかの直接的な利点は次のとおりです。

・心拍数と血圧を下げる


・血液中の一酸化炭素濃度の低下(一酸化炭素は血液の酸素運搬能力を低下させます)


・循環の改善


・咳や喘鳴の改善

 
自己管理するにはどうすれば良いですか?

片頭痛は、特定の食品やストレスなどの「トリガー」によって引き起こされる可能性があります。

一般的なトリガーには次のものがあります。

・特定の食品:コーヒー、紅茶・お茶、炭酸飲料などのカフェインを含む飲み物
・ある種の人工甘味料
・グルタミン酸ナトリウムのような化学調味料
・睡眠不足、睡眠過多
・運動不足
・ストレス

これらを避けることで予防に繋げられる可能性があります。

片頭痛の原因や、持続時間、強さ、何によってよくなったか等を片頭痛日記につけることもお勧めです。
無料の印刷可能な頭痛日記は、American Headache Societyから入手できます。https;//americanheadachesociety.org/patient-education